HOME

サンダン-3Danとは

3D造形 × 繊維素材 = 3Dan

3Danは、「とにかく手軽に部品を造る」をコンセプトとして誕生しました。
その方法の一つに3Dプリンターによる造形が有名ですが、従来の材料ですと強度がなく実用的でありませんでした。
そこで、3Danでは繊維材料を添加できる3Dプリンターを導入して、「アルミ」とほぼ変わらない強度の部品を提供致します。
個人で趣味のパーツを作りたい方、小ロットや機能試作品を造りたい企業の方、研究用に冶具などが欲しい研究機関の方
まずはお気軽お問い合わせください。(使用機材:Markforged社製MARKTWO)
3Danはあなた専用のオンデマンド工場です。

金属で加工をお求めの方はこちら-オンデマンド金属加工サービス「METALWORKS」

3Dan活用事例

最終部品:車のパーツの復刻

最終部品:冷却ホース継手

3D造形の特色を活かしながら、実用強度のある部品が製作できることから
試作用途から最終部品まで幅広い活用例が見込まれます。

冶具、固定具や工具


複雑な形状を要する冶具や固定具
専用工具

機能試作モデル


負荷をかけての検証が必要な製作品

金属部品からの代替


堅牢で軽量な特性を活かし、ロボット、ドローン、パーツ、カメラ機材等

修理保守用部品


修理や保守に必要な部品

生産中止部品


既製品にはないフィット性の高いオリジナルのパーツや、生産中止により手に入らない部品

強度比較動画 3Dan vs 他社3D造形

使用できる材料の紹介

4つの強化繊維素材(※造形物の内部に添加いたします。)

▶︎カーボンファイバー
三点曲げ試験では、ABS樹脂の8倍、アルミよりも20%も強い素材

▶︎ファイバーグラス
ABSより11倍、ナイロンより26倍硬いガラス繊維素材

▶︎ケブラー
柔軟性がありABSの8倍衝撃性が高く、他の繊維素材より20%軽量なアラミド繊維系素材

▶︎HSHTファイバーグラス
150℃の高耐熱ガラス繊維素材

 

1つの樹脂素材(メイン素材として使用します。)

◆オニキス樹脂
靭性が高いナイロン素材をベースに細切れの炭素繊維を混合し、強度と耐熱性(145℃)を高めた新しい素材(※全ての造形物には、このオニキス樹脂によって全周囲を保護します。)

 

その他詳しくは参考書ページをご覧ください。

造形サンプル販売

sample1:お手に取って強度比較ができます。

How To Order(4step)

1:造形可否の確認/修正依頼及び見積もり(stl形式のデータ送信)

2:発注及び決済

3:造形開始

4:納品

3Dデータの作成方法、作成条件等の詳しくは参考書ページを必ずご覧ください。

3Danならではのメリット

実用強度


冶具や軽量化部品、機能試作品、最終 部品などジャストインタイムで製造

サポート


3Dデータの作成、造形可否の確認、 強度シュミレーション

低価格


基本料金不要、製作費:5,000円~(税抜)

最短翌日発送


形状や数量によっては、最短で翌日に発送します。

金属加工品との連携


オリジナル金属加工品もお任せください。金属と樹脂とのコラボレーションも可能です。METALWORKS

企業/研究機関専用ダイヤル
TEL:072-714-0266(平日10時~18時)
※個人の方はフォームからお問い合わせください。

タイトルとURLをコピーしました